烏帽子山までランニング

f:id:ryosaku0408:20210411124711j:image

 

今朝は烏帽子山までトレイルラン。
途中、登山客やランナーとお話しをさせていただきながら、のんびりラン。
来月16日は奥四万十トレイルマラソンにエントリーしているので、地域まわりの合間に、体を作っていきたいです。

 

鷲尾山にて

f:id:ryosaku0408:20210411124731j:image

 

筆山から鷲尾山経由で、烏帽子山まで往復約10キロ

f:id:ryosaku0408:20210411124755j:image

草の根運動

 

f:id:ryosaku0408:20210410125157j:image

今朝も百石町業務用スーパー前からスタート❗️
今日も地域まわり、大体一日18,000歩〜20,000歩、距離にして15キロくらいを歩いています。
地域をまわると様々なご要望をいただきますので、出来るだけその場で担当部局に連絡をして、すぐに解決するよう努めています。
他には、3月議会の報告や、地域課題を拝聴させていただき、議会質問に反映させています。

f:id:ryosaku0408:20210410125223j:image

35歳になりました

f:id:ryosaku0408:20210408164450j:image

 

沢山の誕生日のお祝いメッセージ、LINE、お電話等、誠にありがとうございます!
これからも一日一日を今日しかないと思って全力を尽くし、市議として広く社会に貢献したいと考えています!
今朝も、政治活動の原点である百石町業務用スーパー前から街頭演説をさせて頂きました。
午後は地域を丁寧にまわり、地域の皆さんとお話をさせていただきました。
「努力は自分、評価は他人」これからも、初志を忘れず、基本を大切にする、自分の政治スタイルを貫き通したいと思います!
今後とも、ご指導の程宜しくお願い致します。

高知市議会議員甲木良作3月議会活動報告⑥ 少子化対策について

f:id:ryosaku0408:20210329094836p:image


おはようございます。今朝は百石町業務スーパー前から議会活動報告を行いました。以下、その要旨(内容)をご報告致します。

 新型コロナウイルス感染拡大という新たな危機が発生し,妊娠・出産を望む女性の多数がコロナリスクによる妊娠や出産への影響に不安を抱えているのが現状。2021年2月22日に厚生労働省が2020年の出生数の速報値を発表しており,約87万3,000人,2019年の速報値が89万8,000人であったので,2020年も3万人程度の減少が想定され,84万人程度となる見通し。
 厚労省は,コロナウイルスの流行が妊娠活動などに及ぼす影響を把握する目的で,妊娠届の届け出件数について自治体に照会した結果を,2020年の10月と12月に公表し,2020年1月から10月の妊娠届け出数は72万7219件(前年同期比マイナス5.1%)。月別に見ると,緊急事態宣言が出ていた日数が多かった5月の落ち込みが最もきつく,前年同月比マイナス17.6%,10月は同マイナス6.6%。
 母子手帳をもらうために必要となる妊娠届け出時期については,時限は定められていないものの,厚労省では妊娠11週以下の時期の届け出を推奨しており,約9割以上の妊婦がこれに従っている。
 2020年の,高知市の月別妊娠届出数の推移であるが,2020年2月29日に,本県で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されてから,月別に見ると,やはり,5月,6月に落ち込み,コロナ「第1波」の影響が出ているのではないかと推察している。
 2020年の高知市月別妊娠届出数の推移と,コロナ禍における影響をどのようにお考えであるのか,こども未来部長の見解を伺う。

【こども未来部長】
 高知市の令和2年の妊娠届出数は,全国と同様に5月から7月にかけて前年より減少し,特に7月は前年から14.7ポイント減少と、大きく落ち込んだ。
 妊娠10週のタイミングで妊娠届出をする場合,7月の届出は,妊娠の成立が4月から5月の緊急事態宣言の時期となるので,令和2年7月の妊娠届出数の減少要因の一つとして,新型コロナウイルス感染症の影響は排除できないと考えている。
 新型コロナウイルス感染症による社会経済全体への影響は,子育て世代においては,子どもの育ちも含めた,生活や将来への不安となるので,地域子育て支援センターや子育て世代包括支援センターなど,子育てに関する相談支援窓口の強化,充実を図るとともに,更なる周知が必要と考えている。

【甲木良作】
 やはり,高知市でも全国と同様に5月から7月にかけて前年度より減少しており,本市でも妊娠10週のタイミングで妊娠届出をした場合,妊娠届出数の減少は,2月末の県内初感染者の確認,そして,5月の緊急事態宣言の時期とも重なるので,コロナによる影響が出ていることは排除できない。
 今後,コロナの影響によって,本市においても2021年の出生数が更に減少していくのでないかと危惧している。こども未来部長のご所見を伺う。

【こども未来部長】
 出生数に関する近年の動向としては,平成20年と平成30年の比較で,出生数は18.1ポイントの減少,関連して婚姻数は20.2ポイントの減少であり,この間,合計特殊出生率のみが13.2ポイントの増加となっている。
 先ほどの妊娠届出数については,8月以降に持ち直しの動きがあったが,通年では前年の2ポイント減と減少傾向が続いており,ご質問の2021年の出生数については,近年の減少傾向に,長期化する感染症の影響が加わることで,さらに減少が進むことを心配している。
 このため,コロナ対策の予算として,国の有利な財源を活用し,令和2年度に約21億8,600万円,令和3年度当初予算案で約2億5,900万円を計上し,感染対策や生活支援を行うとともに,相談支援等の機会を捉えて,妊娠,出産,子育て期の皆様の不安感の解消に努めてまいりたいと考えている。

【甲木良作】
 昨年12月,民間会社が将来的に妊娠・出産を希望する既婚女性約5,100人を対象にアンケートを実施し,新型コロナウイルスの感染拡大の影響で,妊活を「延期,休止した」と答えた人が14%おり,「あきらめた」人も2%いたという調査結果が出ている。
 主な理由として,感染すると胎児や自分にどのような影響があるのか不安がある。コロナ禍で,失業や休業による所得の低下などが挙げられている。
 今後,新型コロナウイルス感染拡大の影響により,妊娠や出産を控えられる方が増えることを懸念している。そのような背景から,今後,妊娠・出産を希望される方の様々な不安に対して,相談,支援を行う体制の充実が求められる。
 本市では,この3月に東部子育て世代包括支援センターを開設したが,今後の妊娠・出産に対する支援について伺う。

【こども未来部長】
 本市では3か所目となる東部子育て世代包括支援センターを3月1日に開設。これを受けて,妊娠届出の受理,母子健康手帳の交付について,今月末に地域窓口センターでの取扱を終了し,4月1日からは子育て世代包括支援センターに集約する。
 これにより,専門職による妊婦の全数面接が令和3年4月からスタートすることとなり,妊娠期からの切れ目のない支援の入口部分が完成することになる。
 令和3年度当初予算案では,塩田町の保健福祉センターに4か所目のセンターを整備する費用を計上しており,更なる支援の充実や利便性の向上を図ってまいる。

花火警備@筆山/高知市消防団潮江分団

f:id:ryosaku0408:20210328203330j:image

 

本日は、高知市消防団潮江分団で筆山にて花火警備です。

今朝から大雨でしたが、夕方頃に雨も止んで、綺麗な花火が春の夜空に打ち上がりました。

 

f:id:ryosaku0408:20210328203446j:image

新年度の決意。第483回高知市議会3月定例会の閉会日。

f:id:ryosaku0408:20210326153132j:image


 本日、第483回高知市議会3月定例会の閉会日。本会議において全ての議案を可決して閉会致しました。また、令和3年度一般会計当初予算及び令和2年度補正予算も賛成多数で原案が可決されました。

 地方議会の役割は、公正・公平な行政が行われるよう執行機関を監視するチェック機能の役割があります。なぜ議会が必要であるのかというと、議会は、地方公共団体の条例や予算決算等の重要な方針を決定する「議決機関」なので、選挙で選ばれた市長と議員は市民の代表として、それぞれが独立し対等な立場で「議決機関」と「執行機関」の権限を行使し、高知市をより良い市、住みやすい市にするため、市の方針について話し合っています。

 来週から、コロナの状況を見ながら、できる限り地域を丁寧にまわり、地域住民との対話を重ね、「市民の皆様へ議会での報告」や、「対話を通じた政策提言」ができるよう、市民の代弁者としての役割をしっかりと果たしたいと考えております。
 また、私自身も町内会や防災会、消防団活動、青少年育成協議会など、地域活動や行事に積極的に参加し汗を流してまいます。

 私の政治活動の基本スタイルは丁寧な地域まわりと街頭演説です。野球で例えると走り込みとキャッチボール。とにかく足を使い汗をかくなど、基本を磨いていくことを実践しています。どちらも地味な活動ではありますが、とても重要な活動です。

 お恥ずかしい話、私自身20代の頃は、仕事に追われ選挙や政治にあまり関心がありませんでした。
 しかし、教師や社会人を経験し、様々な地域課題に触れていく中で、若者世代の先頭に立たせていただきたい。私自身が高知市の課題解決に向け、行動していく当事者として実践してまいりたい。とのおもいから政治の道を志しました。

 今はSNSなど情報を発信する媒体も充実しておりますので、出来る限り議会での活動や政治活動について、情報発信させていき、街頭演説や地域まわりなどの、昔ながらのアナログ活動も大切にし、一人でも多くの有権者の皆様や市民の皆様、特に若い世代の方々に政治に興味や関心を持ってもらえると嬉しい限りです!

 地盤も無く、看板も無い若輩者の私ですが、家族を愛し、友人を大切にし、仕事に全力を尽くし、少しでも社会に貢献していきたいと考えています。

 まだまだ自分の未熟さを痛感することもよくありますが、それでも自分の課題を克服する努力を続け、より高い目標へと挑戦を続けていきます!
 内面においても、礼儀と謙虚さを今まで以上に意識し、議員としてより良い社会を目指すとともに、1センチでも、より良い人間になれるよう精進してまいる所存です。

 今後も、全力で取り組んでまいりますので、ご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

 最後に、これから暖かくなり、各所でお花見や、イベントなども開催されますが、まだまだ私たちの身の回りの生活は強く影響を受けております。
 高知市においても1日でも早くワクチン接種が進み、新型コロナが早期終息することを心よりお祈り申し上げます。